恋人気分で楽しもう!デリヘルを楽しむために気をつけること

NEW POSTS

  • 仙台のデリヘルに挑戦してきました

    先日宮城県の仙台に出張したときに、ホテルにデリヘルを呼んだんですが、このデリヘル嬢が最高に美人でかなりのテクニシャンで感動しました。今回利用したのは9…

    » MORE...

  • デリヘルの受付の対応が気にしています

    デリヘルで遊ぶ際には必ず店に電話をする必要があります。その時に対応してくれるスタッフは、非常に感じの良い方が居る一方で、時にはイマイチだと感じるスタッ…

    » MORE...

  • デリヘル嬢として長く活躍するには?

    人気のデリヘル嬢になってくると、お店からとても重宝されるようになってきます。その理由は簡単でそのデリヘル嬢がいることによってお店の売り上げが保たれてい…

    » MORE...

デリヘルを恋人気分で楽しもう

大阪ではデリヘル店の数が多いので、いざ利用しようと思った時に悩まれる方もいてると思います。そんな方にオススメなのが人気大阪デリヘルの「やんちゃな子猫」です。見やすいサイトですので一度見てみて下さい。

風俗で遊ぶには、一昔前までは風俗の華とも言われたソープがありますが、これは風俗のサービスの中では、定番のコースだとされていました。もっとも、風俗と言っても昨今では、その他にも色々あって、エステ系のマッサージを主体としたものや店舗内でお酒を酌み交わしながら女性と戯れるクラブ系などあります。
ただ、最近では風俗というと、今、最もポピュラーなのががデリヘルと言われているもので、これはヘルスの進化したもので、同様に満足できるサービス、プレイを体験することが出来ます。
このデリヘルは、ソープなどのハードを主体としたサービスではなくて、あくまでもヘルスですからソフトサービスがメインになります。風俗をお勧めするとすれば、特に初めての人ですと、取り敢えずこのデリヘルという風俗店の種類を選んで行くことをお勧めしたいですね。
デリヘルの特徴というか面白いところは、お客と風俗の女性とがいわば恋人のような感じのラブラブの関係で、また恋愛感覚でサービスを受けられ、プレイすることが出来るからということで、わりと気楽に遊ぶ事が出来ることだと思います。
昨今、色々種類の有る風俗業の中でも、このデリヘルが満足度としては一番だと思います。気軽で取っつきやすいのではないかと思います。 ただ一言気になるのは、やはりデリヘルは女性を派遣し、ラブホテルのような他の場所でプレイやサービスすることですので、余計な費用が掛かってしまうということです。

デリヘルを楽しむために気をつけること

デリヘルを利用する場合は、出来るだけ楽しい時間を過ごしたいものです。そのためには適当に利用をするのではなく、どうしたら楽しめるのかを考えておくことも大切です。
利用する際は、まずどの女の子を指名するかを決めましょう。この時自分のタイプの女の子を指名するようにするべきです。自分のタイプではない女の子が来てもあまりテンションは上がらないでしょう。それよりもテンションの上がるような、可愛い、スタイルが良いと思える女の子を見つけて指名をするべきです。女の子のタイプは人によって違うので、インターネットのお店のサイトから自分で興味を持てる人を見つけるようにしましょう。
次にプレイ中は相手にどのようなことをされたら自分が興奮するのかを伝えましょう。NGな行為でなければ、可能な限り女の子もその要望に応えてくれるはずです。そうすればよりプレイを楽しむことが出来るのではないでしょうか。また、恋人がいなくて寂しいという方は相手の女の子を自分の恋人だと思ってプレイをするとより気分が高まります。
また、終わった後は女の子にありがとうと感謝の言葉を言うようにしましょう。その方がお互いに気分良く終われるはずです。
このようにすればデリヘルを楽しめるはずです。

デリヘル嬢のキスの交わし方

私がアルバイトしていたデリヘル店は、基本的にはべつにキスをしなくても良かったのです。お店側からは、「ここでキスして!」などといった要求は一切ありませんし、研修時の実演などでも、キスの要素ってないのですよね。ですから、そういったような指導は一切入ったことはありません。
ということで、キスはお客さんから要望されない限り、あまりしてはいなかったのですが、指名を連続でとったりなどといったような人気が出て欲しいのであれば、キスは言わば必須事項となってきます。
風俗に来るお客さんは、ヒゲくまだったり酒臭かったりヤニ臭かったりするお客さんが多いですから、できることならばキスは控えさせていただきたいものです。けれども、キスを好む男性は多いですから、そこは営業も兼ねておこなうわけです。
けれども、「この人はちょっと…」というお客さんだって、なかにはいるわけです。イソジンのうがいをさせても、一緒にお風呂に入ってよく洗っても、臭う人は臭ったりするんですよね。ですから、「やっぱりキスはちょっと…」にもなるわけです。
そして、そのような時の良い断り方といえば、「キスすると情が沸いちゃうから、ちょっと…」と私は言っています。そんなことは全くなかったりするのですが、感情面に訴えて交わしています。